• 絵本コンシェルが選ぶ「言葉を交わしながら読んでみる絵本(3歳〜)」3選【みてねギフト特選】
  • 絵本コンシェルが選ぶ「言葉を交わしながら読んでみる絵本(3歳〜)」3選【みてねギフト特選】
  • 絵本コンシェルが選ぶ「言葉を交わしながら読んでみる絵本(3歳〜)」3選【みてねギフト特選】
  • 絵本コンシェルが選ぶ「言葉を交わしながら読んでみる絵本(3歳〜)」3選【みてねギフト特選】
PREV
NEXT

絵本コンシェルが選ぶ「言葉を交わしながら読んでみる絵本(3歳〜)」3選【みてねギフト特選】

¥7,040

森岡書店

【みてねギフト限定】絵本コンシェルが選ぶ「言葉を交わしながら読んでみる絵本 」3選(3歳くらいのお子さまにおススメ)

親が読んできかせるだけでなく、一冊の本を通して、言葉のコミュニケーションがとれる本を選びました。
自分の娘たちも大好きな絵本で、中学生になってもよく覚えています。
(みてねギフト 絵本コンシェルジュ/森岡督行)

「マップス」


コロナ禍になって、海外旅行に出かけることが難しい時代になりましたが、この絵本で、お手軽に自宅で海外旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?
というのは、私は、娘たちとこの絵本をつかって、毎夜のように、旅をした気分になっていました。
例えば、イギリスなら、まず娘には目をつぶってもらい、私は、地図のリバプールに描かれたビートルズのイラストを指定します。
そして、娘は、人差し指を地図上の任意の場所にあてます。
私は、「もっと東、もう少し南」、などと言って、人差し指を、ビートルズのイラストに導きます。
あったところで娘は目をあけます。
娘は「MAPSっておもしろい!!」と言っています。
遊び方を工夫して、子どもたちと旅気分を楽しんでください。

「せん」


スージー・リーさんの世界観がつまったシンプルな絵本。
赤い帽子をかぶった少女が、アイススケートのリンクをすべります。
そのときに氷に描かれる「せん」。
それがリズミカルでただただ美しい。
ジャンプにチャレンジして失敗した際の心情表現の仕方とは。
各々の好きな音楽がページの彼方から聞こえてきそうです。
誰のこころにも、まるでスケートのように、すーっと入っていくのではないでしょうか。
絵本というメディアのあり方を、すこし広げてくれた絵本です。
でも言葉は一言もありません。それが、この絵本の一番の特徴です。

「トコトコバス」


まったく想像もしないバスの旅はいかがでしょうか。
ちょっと変わった名前のバス停から乗ってくるのは、その名前にゆかりのある乗客たち。
バスは目的地にむかってトコトコ走ります。
バスを降りた先にあるものとは。
高橋和枝さんのぬくもりのあるイラストが、幻想的なバスのなかのイメージを広げてくれます。
高橋和枝さんは現役の作家で、ときおり、サイン会を行っています。
この本を読んで、実際に、作者に会いに行くというのも、子どもにとって、かけがえない経験になります。 長女はこの絵本について「季節によって、印象が変わる」と言っています。

みてねギフト 絵本コンシェルジュ/森岡督行(もりおか よしゆき)

1974年山形県生まれ。森岡書店代表。 著書に『BOOKS ON JAPAN 1931 – 1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋』(晶文社)など。
展覧会の企画協力、ブックセレクト、ファッションのプロデュースなども行う。
2020年5月には伊藤昊写真集『GINZA TOKYO 1964』を企画、編集、出版した。
絵本作家との親交も厚く、絵本への造詣も深い。
二児の父でもある。

商品詳細

商品内容
各1冊ずつ「マップス」(アレクサンドラ ミジェリンスカ&ダニエル ミジェリンスキ 作 徳間書店)、「せん」(スージー・リー 作 岩波書店)、「トコトコバス」(高橋和枝 作・絵 講談社)

[発送]お支払いより4営業日以内の予定

最近チェックした商品