• 絵本コンシェルが選ぶ「好奇心を広げる本」3選(0〜1歳くらいのお子さまにおすすめ)【みてねギフト特選】
  • 絵本コンシェルが選ぶ「好奇心を広げる本」3選(0〜1歳くらいのお子さまにおすすめ)【みてねギフト特選】
  • 絵本コンシェルが選ぶ「好奇心を広げる本」3選(0〜1歳くらいのお子さまにおすすめ)【みてねギフト特選】
  • 絵本コンシェルが選ぶ「好奇心を広げる本」3選(0〜1歳くらいのお子さまにおすすめ)【みてねギフト特選】
PREV
NEXT

絵本コンシェルが選ぶ「好奇心を広げる本」3選(0〜1歳くらいのお子さまにおすすめ)【みてねギフト特選】

¥3,520

森岡書店

[発送]お支払いより4営業日以内の予定

【みてねギフト限定】絵本コンシェルが選ぶ「好奇心を広げる本」3選(0〜1歳くらいのお子さまにおすすめ)

さまざまな刺激を敏感に感じられる赤ちゃんの頃には、楽しいリズムやイラストの絵本によって好奇心が広がります。
(みてねギフト 絵本コンシェルジュ/森岡督行)

「きんぎょがにげた」 五味太郎 福音館書店

長女も次女も大好きな絵本です。
きんぎょがにげる先を追ってページは進んでいきます。
指をさして、隠れているきんぎょを見つけたとき、「あっ!」となった長女と次女の表情を今でもよく覚えています。
発売から約40年もの間、すっと愛され続けてきたのは、読むだけでない、このような読書体験が大きいのではないでしょうか。
寝る前のちょっとした冒険といってもいいと思います。
プレゼントのもとして贈るのもおすすめの本です。

『もこもこもこ』 谷川俊太郎

「もこもこ」「にょきにょき」などの奇妙な擬音ばかりが出てくる絵本。
ストーリーもいったい何のことか…とても不思議な絵本です。
以前、谷川俊太郎さんと対談させてもらったとき、「言葉より音楽の感動の方があった」とおっしゃっていました。
この絵本は、日本語の音のおもしろさを無理なく共有できます。
ぜひちょっと変な声を出して読んでみてください。
あらためて大人の私たちも日本語を実感できます。

 

「ことばあそびうた」 谷川俊太郎

この絵本も『もこもこ』に近い意味合いがありますが、もっともっと、言葉の量が多く、日本語の音の複雑さに圧倒されます。
この詩に関して谷川さんは、「自分の感情や、考えを述べるだけの詩とはぜんぜん違う」と述べています。
つまり声の音によるコミュニケーションを大切にするということでしょう。
出版社の対象年齢はやや高めですが、小さい赤ちゃんにこそ読み聞かせてほしい絵本です。

みてねギフト 絵本コンシェルジュ/森岡督行(もりおか よしゆき)

1974年山形県生まれ。森岡書店代表。
著書に『BOOKS ON JAPAN 1931 – 1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋』(晶文社)など。
展覧会の企画協力、ブックセレクト、ファッションのプロデュースなども行う。 2020年5月には伊藤昊写真集『GINZA TOKYO 1964』を企画、編集、出版した。 絵本作家との親交も厚く、絵本への造詣も深い。
二児の父でもある。

商品詳細

商品内容
各1冊 「きんぎょがにげた」(五味太郎 福音館書店)、「もこもこもこ」(谷川俊太郎作 元永定正絵 文研出版)、「ことばあそびうた」(谷川俊太郎:詩 瀬川康夫:絵 福音館書店)

[発送]お支払いより4営業日以内の予定

ご一緒にいかがですか?

みてねギフトオリジナル

最近チェックした商品