• 「おおきなかぶ」再話:A・トルストイ 訳:内田 莉莎子 画:佐藤 忠良(福音館書店)
PREV
NEXT

「おおきなかぶ」再話:A・トルストイ 訳:内田 莉莎子 画:佐藤 忠良(福音館書店)

¥990

福音館書店

[発送]お支払いより4営業日以内の予定

【定番絵本】世代を超えて愛される絵本

絵本と言えば…いくつか頭に浮かんでくる絵本があるかもしれません。
もしかすると、パパ・ママが小さいころに読んでもらった絵本、好きだった絵本が思い出されるかもしれません。
長く愛される絵本には、ずっと変わらない「大切なもの」が詰まっているのかもしれません。
そんな長く定番となっている、親子だけではなく、3世代でも楽しめる絵本をセレクトしました。

うんとこしょ、どっこいしょ。掛け声が楽しいロングセラー絵本

おじいさんが、かぶをうえました。
「甘く大きくなあれ」その通りとてつもなく大きく育ったかぶ。
おじいさんが抜こうとしますが、どうしても抜くことができません。
おじいさんはおばあさんをよんで、いっしょに引っ張りましたが、それでもかぶはぬけません。こんどは孫をよび、それでも抜けません。
次は犬をよび、猫をよび、
「うんとこしょ どっこいしょ!」。
それでもかぶはぬけません。
ついにはねずみもよんで……。
おおらかで力強いロシアの昔話の絵本です。
読むときには「うんとこしょ、どっこいしょ」と子どもと一緒に掛け声をかけて、かぶを抜こうと揺れて読んでみてください。
子どもは絵本の世界に夢中になって繰り返すことでしょう。
ダイナミックな絵にも注目です。
再話:A・トルストイ 訳:内田 莉莎子 画:佐藤 忠良(福音館書店)

絵本の読み聞かせはこころの発達にも

ママ・パパが絵本を読み聞かせることで、親子のコミュニケーションが生まれ、子どもの心は安定していきます。
繰り返し読むことで想像力や感情の豊かさに繋がっていきますよ。
長く愛されているストーリーに入り込みながら、思いやりや優しい心が育っていきます。
成長に合った絵本の読み聞かせで、こころの成長を促してみませんか。

商品詳細

商品内容
本体1冊:28ページ
発売年月:1978年4月
個装サイズ
サイズ:190×260mm
メーカー推奨対象年齢
4歳〜

[発送]お支払いより4営業日以内の予定

ご一緒にいかがですか?

みてねギフトオリジナル

最近チェックした商品